« 「ある日のオフィス」お褒めをいただいたのに | メイン | スコット・ジョンソンの「スクラップブッキング」――ワークショップに寄せて(1) »

2007/09/25